専業主夫ポン吉、徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

ハプニング

アドセンスの自動広告が突然表示されなくなった

アドセンスの調子がおかしい ポン吉は毎日1度はアドセンスのマイページでブログのPVと広告表示回数とクリック数を確認している。クリック数は微々たるものなので収益額も低空飛行のままだ。 ポン吉のブログの場合、平均するとページビューの4倍ほどの広告表…

火災現場を撮影する野次馬

バーベキューの消し忘れ? 娘の友達が泊りで遊びに来てバーベキューをしたので、その後片付けをしていると、なんだか焦げ臭いにおいがし始めた。ちゃんと炭火の火が消えてないのかなと思い、水を持って火を消しに行った。 しかし、そこには火の気配はなく完…

伊藤園 お~いお茶 新俳句大賞を受賞

ポン吉の娘の学校では冬休みの宿題に俳句を詠むことを課題として出されていた。 冬休みの宿題だから季語は冬なのかと思いきや、そういう縛りはなく、テーマも自由だった。 優秀作品には賞金が出ると娘が言うので、随分と気前の良い先生がいるんだなあと思っ…

LIXIL PARTS SHOP にないサンウェーブの修理部品

お風呂のドアの調子が悪くて開け閉めがうまくできなくなってきた時の備忘録。 ポン吉の家のお風呂は10年以上も前のもので、最近ドアの開け閉めがうまくいかず修理を頼もうと思っていた。 ユニットバスによくある二つ折りのドアで、ドアの下の部分の滑車がう…

間違って手紙を出してしまったら

暑さもやわらぎ秋の行楽日和になってきたので、友人数人と1泊2日の小旅行に出かけることになった。 たまには手書きの手紙で連絡 たいていの連絡はメールでやり取りするのだけれど、たまには手紙でも書こうかと思い、当日の予定表と共に一筆書き添えることに…

飛行機が苦手な人

ポン吉は高いところが嫌いだ。いわゆる高所恐怖症だ。 だから飛行機に乗ると、離着陸の時が一番不安になってしまう。 飛行中は高さを感じないくらい高いところにいるので、大きく揺れない限り怖さは感じない。 飛行機が苦手な人 以前、飛行機に乗った時、ポ…

気功と催眠術を体験

ポン吉は心霊現象や超能力というものに興味はあるが、実際に体験したことや目の当たりにしたことはない。 気功を体験 ただし、気功というものを中国で見せてもらい体験したことがある。 その気功師は中国では有名な先生だと教えられた。 まず、ポン吉の通訳…

偏差値とは無関係に学校のネームバリューを忖度する人

テレビのクイズ番組を見ていると解答者の大学や高校の名前が必ず表示されている。 素人の出演者の場合は以前なら出身地を表示することが多かったが、今はかならず学校名を出しているように思う。 素人だけならまだしも、芸能人に至っても学校名が表示されて…

居酒屋のキャベツにいたアオムシを忖度する

学生時代の先輩と久しぶりに会ったので、昼過ぎから営業している居酒屋に入った。 かなり飲み食いしたあたりで注文していた串カツとキャベツがやってきた。 新鮮な証? ポン吉が串カツを食べていると、 先輩が 「えっ!」 と声をあげた。 どうかしましたと先…

女性専用車両に乗ったら痴漢冤罪

大阪の地下鉄御堂筋線 新大阪駅から地下鉄に乗って知人に会いに行くときのこと。 地下鉄と言っても新大阪駅は地下にはない。 それどころか地上数メートルの高架になっている。 階段を昇ってホームに出るとちょうど電車が来たので、それに乗ることにした。 平…

オールナイトの映画館でブルース・リーを観て泣く

ホテル代わりに映画館 最近の映画館はほとんどが座席指定で上映ごとの入替制になっている。 しかし、ひと昔前までは座席指定がない映画館が多かった。 オールナイトでやっている映画館などは、終電を逃した人が朝までホテル代わりに利用していることもよくあ…

人の振り見て我が振り直せ、過ちては改むるに憚ること勿れ、泥棒とおてもやん

学生の頃、 風呂無しアパートに一人で住んでいたポン吉のところに、友人たちがよく遊びに来ていた。 貧乏学生がお金を出し合って、1人では食べることが叶わない鍋や焼き肉を食べながら、酒を酌み交わしていた。 悪戯 酒も進んで夜も更けてくると、1人また1…

新幹線の食堂車から戻ると爆弾騒ぎ

ポン吉がまだ若い会社員だった頃、 出張で新幹線をよく利用していた。 ある日の出張からの帰り、ポン吉は時間通りに予約した新幹線に乗ることができた。 上司や関係会社の人は、ポン吉より1時間ほど前の便を予約していた。 時間も夕方だったので、その日は会…

結婚式から姿を消した新郎

お題「最近見た映画」 結婚式の会場から姿を消してしまうというと、映画「卒業」を思い出す人も多いだろう。 しかし、ポン吉は映画ではなく現実に目の当たりにしたことがある。 酒飲みの集団 その結婚式の新郎とポン吉は学生時代から親しかった。 結婚式自体…

30年ぶりの電話、冷凍人間か宇宙人かオレオレ詐欺か

ポン吉は高校卒業後に親元を離れて暮らしている。 もう30年以上になる。 田舎から都会へ 1年に数回ほど帰省はしているが、実家周辺の環境はここ30年で激変しているので、ポン吉の子供の頃の思い出を彷彿とさせるようなものはほとんどなくなっている。 昔は道…

子供と銭湯、けがれなき眼は危険と背中合わせ。

ポン吉の家では子供が小さい頃、よく銭湯に行っていた。 ポン吉は息子と男湯に、奥さんは娘と女湯に入って後で休憩所で合流するというパターンが多かった。 子供と銭湯に行くときには、家のお風呂と違いいろいろ気をつけることがある。 銭湯はいろんな人がい…

高速道路で突然タイヤがバースト、頼りになる保険会社

高速道路を気持ちよく運転中に突然のアクシデントがあった。 異音と衝撃と白煙 ポン吉が高速道路を走行中に突然、「パチン、パチン」という何かが車をたたくような異音が車内に響き渡った。 すると、急に車が傾きガタガタとデコボコ道を走るような衝撃があっ…

交通事故で泣き寝入りしないために弁護士特約を利用

ポン吉が奥さんと子供を車に乗せて親戚の家に向かっている時に遭った事故の話です。 ポン吉は初めて通る道で、休日ということもあってか少し渋滞気味だったのでノロノロ運転でした。 ポン吉の前の車が信号待ちで停車したのでポン吉も停車しました。 しかしポ…

お店のトイレから出で来ない、末っ子。

ポン吉が家族を連れて回転ずしを食べに行った時のことです。 4人兄弟姉妹の末っ子が食事中にトイレに駆け出しました。 トイレに行ってから、10分ほどしても末っ子は戻ってきませんでした。 まだ未就学児だったので心配になり、ポン吉がトイレに様子を見に行…