専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

広告動画「核攻撃サバイバー」って政府広報じゃないんだ

ポン吉が北朝鮮関連のニュースをネットで見てたら、動画が始まりだした。

動画広告のようだ。

いつもなら動画広告は数秒後にスキップできるので、すぐにスキップするのだが、その時は違った。

その動画広告は商品やサービスのコマーシャルではなかった。

それは、真っ黒な画面に「テポドンの核弾頭が」という歌詞に合わせたテロップから始まった。

衝撃的なメッセージの歌詞とテロップと軽快な音楽でついつい最後まで広告動画を見てしまった。

しかし、それはあくまで広告動画だったので、いったい何を広告していたのだろうと不思議に感じた。

ポン吉は今のはもしかして、政府広報だったのかもしれないと思った。

最近は役所の広報もネットを利用したものが多くあるので、きっとこの広告動画も北朝鮮のミサイルに対しての避難方法を伝えるための政府広報に違いない。

わずか3分ほどの曲の中で、核攻撃の恐怖をへんに煽ることなく、都心部にいる人がすべきことを具体的かつコンパクトに教えてくれている。

f:id:syuhuponkichi:20170909152841j:plain

曲のタイトルは「核攻撃サバイバー」

その歌詞は、以下の通り。

 

テポドンの核弾頭が 発射

テポドンの到達時間は 5分

テポドンの着弾予想が

東京 新宿 中央 公園 上空

 

1分で生きると 覚悟を決めろ

2分で上着を着て 水を持て

3分で地下鉄に 走り出せ

4分であきらめずに 滑り込め

 

母さん 姉さん 僕に構わずに

走ってくれ 迷わず 地下鉄へ

広島原爆ドームから たった 170メートル

閃光と 衝撃波を 地下室で避けて 生き延びたサバイバー

その人の名前は 野村英三さん

 

テポドンの爆発 半径 2km

新宿に落ちても 渋谷は 無事

国家機能麻痺する打撃に ならない

救助隊の 到着 待て

 

1分で線路を 奥まで走れ

2分で換気口に 蓋をしろ

3分で鼻と口に 布当てろ

そして暗闇と 寒さに耐えろ

 

最愛の人よ 僕を探さずに 隠れてくれ

49時間は 地下鉄で

放射線は 最初の7時間で 10分の1 減衰 するから

49時間後は 100分の1

その理論の名前は 「7の法則」

 

気になったので、調べると今年になってから流れ始めているようだった。

政府広報ではなかった

「核攻撃サバイバー」という曲は、「あべりょう」という人が作ったもので、政府広報ではなかった。

あべりょうさんが「核攻撃サバイバー」という曲をどういう理由で広告動画として流しているのかはわからない。

この動画広告に関しては賛否両論あるようだが、

少なくともポン吉にとっては、核攻撃だともうおしまいだと思っていたのを、なんだか少しだけでもチャンスはあって、独りでもやれることはあるという希望を感じさせてくれた。

だから、もしできることなら、あべりょうさんには電磁パルス攻撃に対する対処方法を歌にして動画でアップしてもらいたい。

「核攻撃サバイバー」の歌詞に出てくる、野村英三さんや7の法則のように、ポン吉のような凡人には知られていない事実から考えられる対処法が電磁パルス攻撃にもあるかもしれないので。

それにしても、どうして広告料金を支払ってまで動画を広告として流しているのだろう。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ