専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

夏はやっぱりノンカフェインの麦茶、凄い効能効果があるらしい

ポン吉の家では、1年中いつでも冷蔵庫の中には麦茶が冷やされている。

子供が生まれてからカフェインの入っていない飲料を飲ませたかったのと、昔から飲んでいたので、気がつけば麦茶を一年中飲んでいることになった。

f:id:syuhuponkichi:20170721122310j:plain

ダイエットに良いとか血圧を下げるとかいろんな効果があるお茶がいっぱいあるけれど、実は麦茶にも体に良い効能がちゃんとある。

麦茶の効能

・麦を炒ったことでできる成分には血液をサラサラにしてくれる効果がある。

血圧を下げる効果のあるギャバを含んでいる。

胃の粘膜を保護する効果があるので、胃を守ってくれる。

抗酸化作用で活性酸素を撃退し、生活習慣病を予防する。

・Pクマル酸が発がん性物質を抑制してくれる。

・ミュータンス菌を抑制して虫歯を予防してくれる。

・体を冷やす効果があるので、熱中症を予防してくれる。

ノンカフェインなので妊婦さんや赤ちゃんでも安心して飲める。

案外知られていないかもしれないが、麦茶にはけっこう凄い効果効能がある。

歴史に裏付けられた安心と安全

効能効果は確かに素晴らしいが、それよりもポン吉が一番信頼しているのは麦茶が大昔から飲まれてきたという実績だ。

日本では平安時代から飲まれていたそうなので、もし体に悪影響があれば飲料として現代にまで飲み続けてこられなかったはず。

ポン吉の子供の頃は、まだウーロン茶やハーブティーは一般的ではなかったので、どこの家でも、夏になると冷蔵庫に麦茶が冷やされていた。

小さな子供から老人まで、麦茶は誰でも安心して飲める飲料として長い歴史を持っている。

ただし、麦アレルギーの人が麦茶を飲むには注意が必要だ。

まとめ

麦茶には、

血液サラサラ血圧を下げる胃粘膜保護抗酸化作用生活習慣病予防発がん性物質抑制虫歯予防ノンカフェインで飲みやすい歴史に裏付けられた安心感

という効能効果がある。

以前は、炒った麦を煮だして麦茶を作っていたが、そうすると冷たい麦茶を飲むのにかなり時間がかかってしまう。

だからポン吉はポットに麦茶パックと水を入れて麦茶を作っている。

これだと簡単に、麦茶ができる。

ただし、作ってから2日ほどすると雑菌が繁殖してくることもあるので、2日以内に飲み切るようにしたい。

ちなみに、ポン吉の家では暑い季節の夕食時には、子供は麦茶、大人は麦酒というのが定番になっている。

どちらも飲み過ぎはよくないのでご注意を。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ