読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」よりも凄い!「天下分け目の関ケ原」を生き延びたご先祖様

お題

お題「何回も見た映画」

ご先祖様あっての自分

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、

主人公の少年がタイムマシンで30年前の過去に遡って、自分の両親となる男と女を無事に結婚させるために奔走する。

うまくその男と女が結婚できなければ、主人公の少年の存在は消えて、現代では存在しなくなってしまうからだ。

この映画は30年ほど前に大ヒットし、ストーリーはよく知られている。

f:id:syuhuponkichi:20170421171904j:plain

最近の日本のテレビや映画では織田信長のいた時代にタイムスリップしてしまう設定の作品を見かけることが多い。

では、もしポン吉がその時代にタイムスリップしたらどうなるだろう。

設定としては、

高校生のポン吉が1600年の関ケ原の合戦の前夜に東軍につくか西軍につくか決めかねている未婚のご先祖様のもとにタイムスリップしてしまう、というものにする。

ご先祖様が未婚のまま死んでしまっては、ポン吉は現代に存在しなくなってしまう。

ポン吉のミッションは、

そのご先祖様を関ケ原の合戦から無事に生き延びさせて結婚してもらうこと。

ご先祖様は1人でも欠けるとヤバイ

しかし、ここでちょっとした疑問が湧く。

1600年当時にポン吉のご先祖様は一人だけじゃないはず。

では、いったい何人くらいいたんだろう。

現在、ポン吉には両親が2人いて、もう亡くなったけど祖父母が4人いた。

ということは、1世代前でご先祖様は2人、2世代前で4人‥‥

1世代25年で計算すると1600年当時まで遡ると約17世代前になる。

つまり、131,072人!

関ケ原の合戦が始まる前に、

ポン吉は131,072人のご先祖様の身の安全を確保しなければならない。

まさに、ミッション・インポッシブル!

これはもうポン吉軍として一大勢力を誇るにじゅうぶんな人数だと思う。

東軍、西軍、ポン吉軍になってしまう。

まじめに考えると設定に無理がある。

奇跡的に生き延びる

当時の日本の人口は今の10分の1程度だったそうだから、

1600年に生きていた日本人の100人に1人はポン吉のご先祖様だったことになる。

おそらく、ご先祖様どうしでも死闘を繰り広げたことだろう。

しかし!

ポン吉のご先祖様たち総勢131,072人は結婚する前に誰一人として死ななかったのだ。

だからこそ今、ポン吉は存在している。

1番でなくても、バトンは落とさなかった

f:id:syuhuponkichi:20170421172006j:plain

戦国時代を何とか生き延び、命のバトンを17代もつないでくれて、

ありがとう!ご先祖様!

そして今この瞬間を生きている人達には、

1600年当時それぞれ131,072人のご先祖様がいたんだと考えると、

多くの日本人はどこかでつながっていて、遠い親戚関係があるように思えてきた。

その昔、テレビで「人類は、みな兄弟!」というフレーズのCMをよく見かけたが、

まさしく、「日本人は、みな親戚!」と言えるのかもしれない。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村


主夫ランキング