読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

昼寝の勘違い

 

先日、ポン吉の4人の子供たちの末っ子が、午前中だけの授業で部活も休みだったので早く家に帰ってきました。

平日の昼食をポン吉と末っ子の2人だけで頂くのは久しぶりでした。

高校生になるとそうそう親と話が弾むものでもないです。

末っ子は食後すぐに自分の部屋に戻りました。

f:id:syuhuponkichi:20170418225149j:plain

それから数時間して、他の兄弟姉妹も家に帰ってきました。

夕食の時間になってみんなが食卓に集まってきたのに、末っ子だけが姿を見せません。

しかたがないので、ポン吉が声をかけに末っ子の部屋に行きました。

すると末っ子はドア越しに「今行く!」と元気よく返事したので、食卓で待っていると、なぜか制服を着て食卓にやってきました。

いつも夕食はゆっくり食べる子なのですが、すごく急いでいるようでした。

まだみんなが食べている途中でしたが、末っ子は食事を済ませてすぐに歯を磨き始めました。

そして急いで玄関の方に向かい、家から出ていこうとしました。

ポン吉が「どこ行くの?」と聞くと、

末っ子は「学校に決まってるじゃん!」と言って家を出て行こうとしました。

時刻はもう午後7時を過ぎていましたので、今から学校に行く理由がよくわからず、

ポン吉も食事中の兄弟姉妹も「???」という顔をしてました。

しかしすぐにみんなで大笑いし始めました。

末っ子はきっと昼寝をしていて、いつも起きるのと同じような時刻に目覚めたので勘違いしたに違いありません。

末っ子のすぐ上の子が「今、夜だよ!」と呼び止めるように言うと、

末っ子は時計を確認しながらもう暗くなった家の外を窓から見ていました。

やっと自分が朝と夜を勘違いしていたことに気付いたようでした。

しかし夕方6時半くらいに昼寝から目覚めて、その後にご飯も食べて歯も磨いたにもかかわらず、朝と夜を勘違いし続けているとは、親として末っ子のこの先が大いに心配です。

当の本人は「半日得した!」とか言って、勉強もせずにテレビを見て喜んでいました。

本当に半日得した訳ではないんですけどね。

ただ、ポン吉も若かりし頃、休日に平日と同じ時刻に目が覚めてしまい、あともう少し寝ていられるとわかった時に、ものすごく得した気分になったのを覚えています。

末っ子はポン吉のそういうところを受け継いでいるのかもしれません。

だとすると、やはり心配です。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ