専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

現金ですか?それともクレジットカードですか? 自治会費、パーキングチケットどうにかして!

ポン吉は専業主夫で在宅率が高いので、現金が必要になる状況は限られてます。

よく行くスーパーはそのスーパー発行のクレジットカードで買物しますし、電車に乗る時もICカードです。

水道・光熱費、NHK、新聞、電話など身の回りの日常的な出費もできる限りカード払いにしています。

最近では病院もカード払いできるところが増えてますし。

ポン吉は家計簿をつけていないので、

カード払いのほうが家計の管理はしやすいです。

なので、普段ポン吉は現金をほとんど持ち合わせてません。

大抵はそれで何の問題もなくやっていけるのですが‥、

4月は油断大敵

4月は新しい年度の始まりということで、突然「ピン、ポ~ン」と自治会費の集金がやってきます。当然これは現金です。

また、子供たちのクラブ活動のユニホームや部費も「明日、要るからね」の一言で、現金が必要になります。

もっと早く言って! 

前もって教えといて!

ポン吉も経験をかさねたので、4月は財布の中に諭吉様を忍ばせるようになり、何とか対応できるようになりました。

諭吉様を受け付けない

しかし、子供の制服を受け取りにお店に行った時、いつも停める駐車場が満車でした。

そこはICカードが使用できたので現金は必要ありません。

幸い近くにパーキングメーターが立っているところがあったので、そこに停めることにしました。

財布には諭吉様がいるので余裕です。

車を降りてパーキングメーターの前で料金を支払おうとしたところ、

なんと諭吉様だけでなく夏目様も受け入れ拒否。

100円硬貨しか使えません。

制服のお店に行けば、お釣りがもらえるはずだから100円硬貨もあるだろうに。

1万円以上持っているのに100円硬貨に困っているとは、どいうことだろう。

以前いったアメリカではパーキングメーターもクレジットカードが使えてたよ!

どうした?日本

国際化を進めてるんじゃなかったの?

しかたなく最初に満車だった駐車場に空車になるまで待って停めました。

結局

ポン吉はいまだに現金をほとんど持ち歩くことはありません。

ちなみに、専業主夫がクレジットカードを作れるか、という疑問は専業主夫を始めた頃ポン吉にもありました。

ですが専業主夫でもクレジットカードは作れます

日本はクレジットカードの審査が欧米のように厳しくないせいか、今までポン吉は拒否されたことはありません。

ただし、キャッシング機能に制限があるようです。

まあ、キャッシングは使わないに越したことはないでしょうから、気にしません。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ