読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

スマホがないと連絡網から外される? ガラケーじゃだめですか?

ポン吉は20年ほど専業主夫をやっていますが、一番上の子が小学生の頃は

クラスの連絡網は電話によるものでした。

 

連絡網のリストの前の人から順番に、

伝言ゲームのようにリストの後ろの人に伝えるというのが一般的でした。

リストの一番後ろの人が先頭の人に確認して無事に伝わっていれば、それで終了ですが、不正解だともう一度やり直しです。

 

同級生のお母さんから電話があってポン吉がでると「〇〇です。奥様いらっしゃいますか?」とよく聞かれました。

専業主婦のお母さんにしてみれば、よその男性(ご主人)に伝言をお願いすることに抵抗があったのかもしれません。

実際、ポン吉の後ろの人は時々、ご主人が電話に出られましたが、クラスの連絡網だとわかると必ず奥さんにかわられました。

 

当時は、

クラスの連絡網=お母さんの連絡網という感じでした。

男であるポン吉は肩身が狭かったです。

 

しかし、今では

メールによる一斉連絡が主流になっています。

ポン吉の子供たちは、それぞれ違う学校に通っているので、いちいち電話に出る必要がなくて助かります。

クラスの連絡網には住所・氏名・電話番号が記載されて各家庭に配布されていたので、個人情報を保護するというこも電話連絡網をなくす要因のひとつだったと思います。

 

ここまでの時代の流れには、ポン吉は賛成なのですが、最近この状況を一変させるような連絡が子供の学校からありました。

従来のメール連絡はガラケーでも受信できたのですが、安全上の問題から近々ガラケーでの受信はできないようにする、と言ってきたのです。

 

ポン吉は、30年ほど前から携帯電話を使用していますが、いまだにスマホを持っておりません。

学校連絡のメール受信はすべてガラケーでやっています。

専業主夫なので在宅率も高いので、インターネットは家のパソコンだけで十分にことたりてます。

ガラケーとパソコンでポン吉の日常生活は何の問題もありませんでした。

しかし、学校からのメール連絡を受信できない事態は避けなければなりません。

ポン吉のようにガラケーを使っている人が沢山いて学校の決定が覆るかも、という淡い期待をしています。

しかし、現実にはガラケーは絶滅危惧種であることはわかっています。

ポン吉の胸のポケットに入るくらい小さなガラケーを見て、物珍しそうにしている人の視線を最近よく感じます。

そろそろ時代の流れに逆らえそうにもないので、ポン吉もスマホデビューを検討しようかと思います。 

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ