読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

お店のトイレから出で来ない、末っ子。

ポン吉が家族を連れて回転ずしを食べに行った時のことです。

4人兄弟姉妹の末っ子が食事中にトイレに駆け出しました。

f:id:syuhuponkichi:20170425124116j:plain

トイレに行ってから、10分ほどしても末っ子は戻ってきませんでした。

まだ未就学児だったので心配になり、ポン吉がトイレに様子を見に行きました。

トイレから聞こえる泣き声

トイレに近づくと中から子供のすすり泣く声が聞こえてきました。

その鳴き声が聞こえるトイレのドアは閉められており、中に末っ子がいることは声でわかりました。

足下を見ると、そのトイレのドアの下からは水がチョロチョロと流れ出ていました。

末っ子は3歳くらいだったので、

ポン吉は末っ子がトイレにぎりぎり間に合わずに粗相してしまったのだと思いました。

頭から水浸し

ポン吉が声をかけて末っ子がドアを開けると、中には

頭からシャワーを浴びたようにビシャビシャに濡れた末っ子がいました。

ウォシュレットのお尻を洗うお水がシャワーのように末っ子の頭にかかっていました

末っ子はオシッコをした後に、流そうと思って押したボタンが間違っていたようです。

当時、ポン吉の家のトイレにはウォシュレットなどありませんでした。

末っ子が通っていた幼稚園の園児たちが使うトイレにもそのようなものはありませんでした。

そのため、末っ子にとってウォシュレットは未知との遭遇だったと思います。

ちゃんとトイレの便器まで末っ子と一緒に行ってあげなかったポン吉のミスでした。

誤作動防止機能が欲しい

今でもこの話は、ポン吉の家の笑い話によく出てきますが、末っ子によると同じような体験をしたことがある友達は結構いるとのことです。

そう考えると、便座に人が座ってない時はお尻洗浄水が出てこないような機能があればいいのに、と思います。

まあ、それだと便座に余計な機能が付きすぎて、無駄に高価になってしまうのでしょうね、きっと。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ