専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

プランターで野菜づくり ・ミニトマト

ポン吉が主夫になったのは子供の小学校入学と同時でした。

ちょうどその頃、スーパーやホームセンターでは野菜の苗が出回っていました。

ポン吉は知識ゼロのままミニトマトの苗を購入しました。

しかし土や肥料など他にも準備が必要なことを後から知りました。

ポン吉の野菜づくりの備忘録です。

ミニトマト・植え付け

ポン吉は元気の良さそうなミニトマトの苗を購入して、

60㎝くらいのプランターに培養土と肥料をまぜて苗を2株植えました。

この時、苗の周りについている土をなるべく崩さないように。

それぞれの苗の近くに支柱をさして茎と支柱をヒモで8の字になるように結びます。

そしてたっぷりの水を根元にあげます。

ポン吉の子供たちは苗に直に水をかけてあげて喜んでましたが、

それをすると苗が弱るそうなので必ず土に水をあげてください。

 

わき芽取り

植え付けから1週間ほどすると苗も大きくなり、茎と葉のつけ根からわき芽がでてきます。

このわき芽を放置すると全体に養分が行きわたらなくなるので、早めに摘み取るようにします。

追肥

植え付けから1月ほどするとかなり大きくなります。

ポン吉のミニトマトは風に吹かれてプランターごと横倒れすることがあったので、

プランターをブロックで固定しました。

それと主枝を高くしすぎないように先端を切り取りました。

またこの頃、土に栄養分を足してあげれば良いとのことだったので、化成肥料を追加します。

化成肥料には色々あるようですが、ポン吉は水にまぜていつもの水やりのようにして追肥できるハイポネックスという液体肥料を使いました。

収穫

ポン吉のミニトマトは農薬無しでも害虫被害はなかったのですが、

大きくなるのを待ちすぎると実が裂けてしまうものが出てきました。

なので、あんまり欲張らずに色づいたものから随時収穫してあげるのが良いと思います。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ