専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

ビーチコーミングと仮想通貨

立春の日は天気が良かったので、奥さんと海岸を散歩した。

ビーチコーミング

海岸を散歩する目的の一つに、自宅の観葉植物の支柱として流木を探すというのがあった。

f:id:syuhuponkichi:20180213121214j:plain

 

適当な流木が1本あれば持ち帰ろうと思っていた。

海岸を歩き始めてすぐに、支柱によさそうな長さと太さの流木があったので、とりあえず1本確保した。もしもっといいものがあれば、今確保したものは捨てて新たな1本を持って帰るつもりだった。

そのことを奥さんに伝えようと奥さんのほうを見てみると、奥さんは赤ん坊を抱っこするように流木を抱えていた。

その流木はどう考えても、植木鉢に刺して支柱にするには太すぎた。

ポン吉が奥さんに支柱には不適だと言うと、奥さんは支柱ではなくて玄関に飾るのだと言っていた。

奥さんが重たそうに抱えて海岸を歩いていたので、

ポン吉が「後でここに戻ってくるから、その大きな流木はひとまずその辺に置いておいておけば」と言うと、

奥さんは「そんなことしてたら、誰かに持って行かれる」と言って、手放そうとはしなかった。さっきまで海岸に転がっていたただの流木なのに今ではずいぶん大切なもののようにしていた。

それどころか、ポン吉が1本目に見つけた流木より支柱に向いてるものを見つけたので、それを手に取って最初に見つけた流木を捨てようとしたら、奥さんは両方持って帰ろうと言い出した。

通貨の始まり

奥さんが言うには、流木は都心ではインテリアとして売られているらしい。

ポン吉たちが海岸から上がって駐車場のほうに歩いていると、他の車から出てきた若い男女がポン吉たちとすれ違いざまに、「あの流木、すごくいいよね」とポン吉たちの持っている流木を見ていた。

ポン吉にとってはただの支柱に過ぎない棒切れが、他の人からすればもっと価値のあるようなものに感じているようだった。

ポン吉は、はじめて人類が通貨を手にした瞬間を垣間見た気がした。

そう言えば、太古の人々は貝に価値を見出し通貨としていたという話を聞いたことがある。

元々は特別な価値がないにもかかわらず、十人、百人、千人とそこに価値を見出す人が増えてくるとただの貝でもついには通貨になってしまう。

ポン吉と奥さんが海岸で拾った棒切れも、もっと多くの人が価値を見出せば通貨のようにやり取りされるのかもしれない。

現代の社会では数字を書いた紙切れが通貨として利用されている。

ただし大半の人にとってはその紙切れに書かれた数字が大切なのであって、紙切れ自体に価値を感じているのではないのだから、太古の人々の貝や、ポン吉が拾った棒切れのほうが魅力的に感じてしまう。

もっとも最近よく耳にする仮想通貨に至っては、手に取って見ることもできないのだから紙切れのほうが美術的価値を感じられるだけまだましな気もする。

ただ、太古の人が通貨として利用していた貝も、ビーチコーミングで見つけた流木も、日本銀行が発行する紙幣も、最近流行りの仮想通貨も、結局は「いいね」と思う人がたくさんいるかどうかだけの違いなのかもしれない。

とは言うものの専業主夫として一番欲しいのは日銀発行の紙切れだけど。

LIXIL PARTS SHOP にないサンウェーブの修理部品

お風呂のドアの調子が悪くて開け閉めがうまくできなくなってきた時の備忘録。

ポン吉の家のお風呂は10年以上も前のもので、最近ドアの開け閉めがうまくいかず修理を頼もうと思っていた。

ユニットバスによくある二つ折りのドアで、ドアの下の部分の滑車がうまく回っていないようだった。

修理を頼もうと知り合いの業者に連絡したら、ドアを取り替えたら結構な値段がするので、もし部品交換が自分でできるのならば部品をメーカーから直接購入した方が安上がりだと教えてもらった。

ドアの部品交換程度だったら自分でできそうだったので、メーカーに問い合わせることにした。

LIXIL PARTS SHOP

f:id:syuhuponkichi:20180205173005j:plain

ポン吉のお風呂はサンウェーブという会社の製品だったが、今はもうリクシルという会社になっているようだった。

リクシルにはWEBで部品の注文ができるLIXIL PARTS SHOPというものがある。

そこにアクセスして該当する部品を探したが何故かポン吉が必要とするサンウェーブの部品が見当たらなかった。

なのでお客様相談センターに電話してみることにした。

土日でも電話受付が可能なのは助かった。

電話に出た担当者によると、ポン吉が必要としてるサンウェーブの商品はLIXIL PARTS SHOPでは扱っていないと言われた。

やはり、会社がサンウェーブからリクシルになったのでダメなのかなと思っていたら、担当者がサンウェーブの担当の者が別にいるので、後ほどそちらから連絡させるように手配すると言ってくれた。

サンウェーブは電話かFAXのみで対応

サンウェーブの担当者と電話で話すと、ポン吉の必要とする部品の品番かドアの型番を教えてくださいと言われた。

しかし、ポン吉のドアにも部品にも番号などはどこにも表記されていなかった。

そのことを担当者に伝えると、困惑しているようだった。

ポン吉もあきらめようと思っていたら、

担当者が、もしかするとポン吉の家にサンウェーブのユニットバスを設置したデータが残っていてそこから対象商品がわかるかもしれないので、ポン吉の住所を教えてほしいと言われた。

ただし、すぐにはわからないので休日明けの月曜日に再度連絡くれることになった。

もう10年以上前の設置だし、部品が残っているかも疑問だったので、9割がたあきらめていた。

そして月曜日の朝9時過ぎにサンウェーブの担当者から連絡があった。

ポン吉の家に設置した商品データはちゃんとあって、ドアの部品もあるとのことだった。

さすがサンウェーブ、修理部品があってよかった。

ただし、サンウェーブの部品購入は電話かFAXでしか承っていないとのことだった。

支払いは代引きのみで、送料と代引き手数料あわせて540円。

修理に必要な部品は6000円しなかったので、修理屋さんに頼むよりは安上がりだったと思う。

おまけにサンウェーブの担当者は部品到着まで2週間ほどかかると言っていたが、実際には月曜日に電話で注文して同じ週の金曜日には商品が手元に届いた。

部品は簡単に新しいものと交換できた。

しかし、どうして電話とFAXのみの対応なのだろう、WEBのほうが手間もかからないように思うが、とにかく家計を預かる主夫としては安く済んだので助かった。