専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

20世紀以降最大の出生率減少、何が原因なのか

子供の頃、ポン吉の育った町では、一つの公立小学校に1000人以上の生徒がいるのは当たり前だったので、1学年に少なくとも5クラスはあった。

中学になると二つくらいの小学校の生徒がが一つの中学校に集まるので、1学年は小学校の2倍近くになっていた。

高校になるとさすがに全員が進学するわけではなかったし、私立高校もあったので、中学の倍にはならなかった。

とは言ってもポン吉の通っていた公立高校は1学年に500人以上いて12クラスあった。

そして大学へと進むわけだが、その前に大きな異変に気づいた者がポン吉の周りに結構いた。

それは、常にある一つの学年だけがいつも1クラスか2クラスほど少なくて、明らかに生徒数も少なかった。

その現象は小学校から中学まで続いたが、何故か高校では解消されていた。

原因はすぐに判明した。

20世紀最大の出生率減少

f:id:syuhuponkichi:20170923154526j:plain

1966年(昭和41年)に生まれた人の数が前後の年に比べて25%以上も少ないのだ。

これは20世紀最大の出生率減少だった。

ポン吉の行った小学校と中学校は公立校だったので出生数に比例して生徒数も増減していた。

ポン吉は高校も公立だったけれど、1966年度生まれの生徒数は前後の学年と変らなかった。

受験者数が4分の3に減っているのに、合格者数は減っていないのだから競争倍率は当然下がったはずだ。

ポン吉の学生時代は、大学受験で浪人している人は珍しくなかった。

むしろ一浪を「いちろう」ではなく「ひとなみ」と言っている人も多かった。

そのために、1966年より前に生まれた世代の中には、現役で合格できる大学に進むより浪人して受験者数の少ない年代で受験してワンランク上の大学を目指す者もいた。

科学より迷信

この急激な出生数の減少は、迷信の影響が原因だった。

1966年(昭和41年)は「丙午(ひのえうま)」だった。

丙午とは干支(えと)の一つで、陰陽五行では丙も午も「火」をあらわし、丙午の年は火の災いが多いとされてきた。

そして江戸時代に放火して火あぶりにされた八百屋お七が丙午の生まれだったということから、「丙午生まれの女性は気性が激しく夫の命を縮める」という迷信になり、丙午生まれの女性に対するネガティブイメージを植え付けた。

しかし、江戸時代ならともかく、それから300年ほど経った1966年に子供を出産することをためらったというのは俄かには信じがたい。

当時はすでにソビエトのユーリ・ガガーリンが人類初の宇宙飛行に成功し、アメリカはアポロ計画の真っ最中だった。

日本では1964年(昭和39年)に東京オリンピックが開催されたばかりだ。

そのような未来志向の時代にどうして科学的根拠のない迷信を信じたのだろう。

迷信はマスメディアにのりやすい

丙午は干支の一つなので定年周期でやって来る。

その周期は60年に一度だ。

なので1966年の前に丙午がだったのは1906年(明治38年)なのだが、この年もたしかに前年よりは出生数は減少しているが、それはわずか4%にすぎない。

まだ科学より迷信を信じやすい時代のほうが丙午を意識して出産を控える人が少なかったようだ。

1966年に丙午が出産適齢期の夫婦に意識されたのは、時代の流れに大きく影響していると思われる。

それは、戦後日本の三種の神器と言われた物の一つであるテレビの影響が大きい。

昭和30年代はテレビが一般家庭に普及し始めた頃だ。

今でもテレビで迷信や都市伝説を取り上げる番組は結構あるのだから、昭和30年代にもそういう番組があってもおかしくない。

それに当時のテレビの視聴率は現代と比べ物にならないくらいで、友達との話題は前日のテレビ番組に関するものなしには始まらなかった。

そのため1966年を前にマスコミで丙午に関する特集などで、丙午生まれの女性に関して日本中にマイナスイメージが広まったようだ。

だから科学的根拠のない迷信を信じたというよりも、マイナスイメージのある丙午の年にわざわざ我が子を出産するということを避けたのだろう。

丙午の悪いイメージを気にして前年比25%以上も出生数が減少したのだから、4組のうち少なくとも1組の夫婦は1966年の一年間は子供を作らないと決めたことになる。

次に丙午の年が来るのは2026年だから、さすがに丙午の迷信を気にして出産を控える人はいないだろう。

いや、でも、今なお結婚式の日程に仏滅を避ける人は結構いるようなので、

もしかするとまたもや丙午に関する悪い情報が新たに出てきて出生数に影響を与える事態にならないとは言えない。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ

ストックホルム症候群は特別なことではない

ストックホルム症候群

f:id:syuhuponkichi:20170922205018j:plain

1973年にスウェーデンのストックホルムで起きた銀行強盗で、犯人は銀行にいた多数の人を人質にして立てこもった。

突然強盗事件に巻き込まれた人質たちは死の恐怖におびえ、犯人の許可がなければ何も行動することはできない状況に置かれた。

しかし、食べ物やトイレの許可などを犯人からもらったりするといつしか人質たちは犯人に対して感謝したり好意を持ったりし始める。

おまけに警察が手を出さなければ犯人は人質に危害を加えない状況下であるので、人質たちは警察さえ来なければ安全だと勘違いし、しまいには警察を敵対視してしまう。

そのような現象をストックホルム症候群と言うようだ。

しかし、そういった現象は程度の差はあるにせよ、日常生活でも見ることができる。

見るからにアウトレイジ 

ポン吉がまだサラリーマンだった頃、取引のある会社に見るからに一般人ではなそうな容姿のおじさんがいた。

そのおじさんがポン吉の会社に来る時は、付き人のような若い部下を従えていた。

そのおじさんは、昔で言えば「仁義なき戦い」、今だと「アウトレイジ」に出てきそうな容姿だった。

ポン吉同様そのおじさんもサラリーマンのはずなのに、いつもブラックスーツを着て、長渕剛さんがかけているような黒くて細長いサングラスをしていた。体格も見た目もプロレスラーの蝶野正洋さんに似ていた。

ポン吉はそのおじさんとは直接仕事をすることはなかったので、怖い思いをすることはないので安心していた。

が、しかし

あろうことか担当替えでポン吉がそのおじさんと仕事することになってしまった。

いつものようにおじさんはサラリーマンとは思えない異様なオーラに包まれながら、部下を従えてやって来た。

ポン吉はそれまで面と向かっておじさんを見たことがなかったので、とても緊張していた。

おじさんが胸のポケットに手をやって、

「すみません」とポン吉に言った時には、拳銃が出てくるのではと思ってしまうほど怖かった。

実際には煙草を吸っても良いか聞いてきただけだった。

煙草を吸う仕草も、ヤクザ映画のワンシーンのようだった。

おまけにその時に気づいたのだが、おじさんの片方の手には小指がなかった。

これは決定的だった。

ポン吉はこれからこのおじさんと仕事をしていくことになる自分が気の毒だった。

もし何か失敗したら、とかいろいろと恐ろしいことが頭によぎった。

マイナスからプラスに

しかし、おじさんは仁義なき戦いでもアウトレイジでもなかった。

むしろ吉本新喜劇と言ってもいいくらいだった。

話してみると、おじさんはポン吉と年も近くて同じ20代だった。

それまでの恐怖心がハンパなかったせいもあって、彼が少し冗談を言っただけでもポン吉には異常におもしろく感じられた。

だから彼のイメージが仁義なき戦いやアウトレイジから一気に吉本新喜劇に変ったのかもしれない。

彼が帰り際にポン吉にお辞儀しながら

「今後ともよろしくお願いします」と言った時には、ポン吉はヤクザの親分にでもなったかのような気分だった。

現実には社交辞令的な挨拶にすぎないのに、それ以上の厚遇を受けたような気がした。

怖かったおじさんはポン吉には親しくそして優しい。この関係を乱す者は敵だ。

おそらくこれはストックホルム症候群の兆候ではないかと思う。

見た目と中身のギャップが凄すぎて、なおかつ彼はポン吉だけでなく誰にでも優しかった。

その出会いから30年ほどが経った。

彼は今、本当におじさんになっていた。まあポン吉もそうだけど。

そして彼は会社の中で取締役に出世していた。見た目は若い頃以上にアウトレイジだ。

最初にマイナスイメージから始まった印象はあとはプラスにしかならないのかも。

ストックホルム症候群は我々の日常でもよくあることのように思う。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ