専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

初詣で金運アップを祈願する神社10選

ポン吉の初詣は地元の氏神様のいらっしゃる小さな神社に行くことが多い。

たいていは家内安全を祈願するのだが、ここのところというか、ずうっと金運から見放されているので、金運アップで有名な神社に参拝してみようかと考えた時の備忘録。

f:id:syuhuponkichi:20171231163027j:plain

金運アップの正しい作法

神社を参拝するには、礼儀作法が大切になってくる。

神様の恩恵を受けるためには、太陽の明かりに照らされてよい気が放たれている日中、できれば午前中がいい。

たくさんの参拝客がいる長蛇の列を並んでやっと自分の番が来た時にするべきことは、

  1. 賽銭箱に賽銭をいれる。
  2. 鈴を鳴らして神様に自分の参拝を知らせる。
  3. それから二礼二拍手一礼する。

これが一般的な参拝の作法のようだが、忘れてならないことがある。

それは、必ず願い事をする前に自分の住所と氏名を神様にお伝えするということ。

そして無事にお参りできたことへの感謝をのべてから、自分の願い事を祈願するほうがよい。

神社でご祈祷してもらうと、祈願者の住所氏名を神主さんが読み上げているを聞いたことがある人もいると思う。それと同じだと思えばいいようだ。

金運アップ神社10選 

宮城県の黄金山神社、3年続けてお詣りすれば一生お金に不自由しないらしい。

茨城県の鹿島神宮、勝利の神様が祀られているので勝負運が上がり金運アップ。

埼玉県の聖神社、日本の通貨(和同開珎)発祥の地で銭神様を祀っているので金運アップ。

東京の神田明神、商売繁盛の神様が祀られているので仕事運が上がり金運アップ。

神奈川県の銭洗弁財天、境内の洞窟の湧水でお金を洗うとお金が増えるといわれている。

山梨県の新屋山神社、レイラインに位置するので金運パワーが強いとして有名。

静岡県の富士山本宮浅間大社、対人関係の豊かさをもたらすパワースポットとして知られいて金運を後押ししてくれる。

京都府の御金神社、金色の鳥居をくぐり御祈祷済みの福財布を手に入れて金運アップ。

香川県の金刀比羅宮、長い階段を登るとともに運気上昇。登りきったら幸福の黄色いお守りを手に入れて金運アップ。

佐賀県の宝当神社、参拝した人の中からが宝くじの高額当選者が続出していることで有名。

最後に

初詣に出向く際に前年にお世話になったお守りやお札も一緒に神社に持っていき、それを入手した神社にてお焚き上げしてもらう方がいい。もしその神社が遠方の場合は違う神社でもいいようだ。

同じ祈願をしているお札やお守りはたくさん家に祀っていたり持ち歩いているのは、神様が喧嘩して良くないというのを聞いたことがあるので避けた方が良い。

金運アップのパワーを神社でいただくためには、そのパワースポットになるべく長くいた方が良いらしい。しかし、太陽の明かりがなくなる前には、参詣を終えた方がいいので、午前中の早めの時間に出向くのが良いと思う。

とにかく専業主夫であるポン吉にはお金に関して自分でできることは限られているので、金運アップを神様にお願いするしかない。

頭の中をリセットさせる脳断食

見えるところと見えないところの大掃除

ポン吉は専業主夫として一応は年末の大掃除らしきものはすることにしている。

とは言っても、目に見える範囲のものをかたずけたり、綺麗にするだけだが、家の中がリセットされたようで清々しい気持ちになる。

f:id:syuhuponkichi:20171223123911j:plain

パソコンの周りを掃除していると、裏側の配線が集中しているあたりの埃がすごかった。

最近パソコンの動きが遅くなってきたのは、この埃のせいかもしれないと思ったので、通気口は入念に埃を取り除いた。

しかし、目に見える範囲だけではだめだと思い、ハードディスクの中も整理整頓することにした。

いらないデータやアプリを消去して、必要なものは外付けのディスクにバックアップを取った。

いるものといらないものの判断には少々時間がかかったが、やってみるとパソコンは多少軽快になった気がした。

標準だけでなくオプションのリセットが必要

人間は睡眠によって毎日リセットして次の1日を開始するようになっているらしい。

しかし、それはあくまで誰にでも標準装備されている自動リセット機能だ。

標準装備品は別売りや後付けなどのオプション品に比べて機能が落ちるのが世の常だ。

そこでポン吉は新年を迎える前に自分の肉体に2つのリセットオプションを実行することにした。

自分自身の大掃除だ

肝臓をリセットさせるアルコール断食

献血した際の血液のガンマGTPの数値が異常に高かったということもあったので、アルコールを全く飲まない日を設定した。

元々、毎日の夕食時にワインを2杯程度飲んでるだけだったので、適量の範囲だと思っていたが、毎日のことなので肝臓にはボディーブローのようにダメージが蓄積されていたのかもしれない。

だから週に2回だけ全くアルコールを口にしない日を設けた。

聞くところによると、γGTPの数値は1ヶ月ほどアルコールを控えるだけで改善するらしい。

今のところ、ちゃんとアルコール断食できているので、来春の健康診断はうまく乗り切れることを期待している。

頭の中をリセットさせる脳断食

家の中の掃除と同じで、目に見える部分と見えない部分をケアするということを考えると、ポン吉の場合は肝臓と頭の中だと思った。

子育て中の専業主夫には悩み事も多い。頭の中、つまり精神とかメンタルをリセットさせる必要性を感じた。

脳断食をする方法としては、ヨガとか座禅とかいくつかあるようだが、共通しているのは呼吸に意識を集中させるということ。

ゆっくりとしたリズムで吐いて吸ってという呼吸に意識を集中させることで、頭の中のいろいろな考え事を消去していくことができるようになるらしい。

ポン吉が少し驚かされた脳断食の一つに頭の中の悪いことだけではなく良い思い出や考えもリセットした方が良いというものだった。

頭の中にある成功体験や過去の栄光が現在の自分の足かせになっていることもあるかららしい。

嫌なことや都合の悪いことを忘れるのは、ポン吉にとって苦にはならないが、成功体験などとなると、まだまだ邪念の強いポン吉には少々ハードルが高い。

まずは何も考えないで、呼吸することに意識を集中させて5分ほど何もしないでじっと座っていることから始めてみようと思う。

そうすることで自然と邪念が消え去り、頭の中をリセットできるようになるらしい。

どちらの断食も期待できるのはメリットだけで、デメリットはないように思うのでしばらく続けてみることにする。

とりあえず三日坊主で終わりませんように。