専業主夫、ポン吉の徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

生活習慣の違いを受け入れる

ポン吉の家にホームステイしていたアメリカ人2人は日本の生活様式を経験しそれに慣れようとしていた。

しかし、日常生活の習慣というものは簡単には変更できないようだった。

f:id:syuhuponkichi:20170815181552j:plain

生活習慣の違い

・入浴

お風呂は夕食後と朝起きて朝食前に1日2度入る。お風呂と言ってもシャワーだけだ。

しかも、朝のシャワーはお湯ではない。温度設定をそのままにしてポン吉が彼らの後にシャワーを浴びたら、冷たい水しか出てこなかった。

・靴下

ポン吉家では夏になると、家の中ではみんなスリッパや靴下は履かずに素足で過ごしている。

しかし、彼らは必ず家の中では靴下を履いていた。近くのスーパーに靴下を履かずにビーチサンダルで出かけても、家に帰ってきたらすぐに靴下を履いていた。

そもそもアメリカにいる時には家に上がる時に、靴を脱ぐ習慣がないのだからしかたがない気もする。

・冷房

彼らの部屋の冷房の設定温度は19度だった。寒くないのか尋ねてもちょうどいいとのことだった。

だから彼らがポン吉たちとリビングルームにいる時は、設定温度が27度だったので少し暑かっただろうと思う。

寒さに強く暑さに弱いのかもしれない。朝起きてすぐに冷水シャワーを浴びるくらいだから。

・飲料水

彼らは水道水を飲む習慣がない。

ポン吉家では麦茶を常に冷蔵庫に冷やしてある。しかしそれは水道水を浄水器に通してでてくる水を利用している。

彼らは麦茶にはすぐになじんだが、自由に冷蔵庫の飲み物を飲んでいいと伝えていたので、普段はペットボトルの水かポカリスエットを飲んでいた。

ただし、飲む量が非常に多かった。

1日に500㎖ペットボトルだと1人10本くらいは飲んでいたように思う。

・洗濯物の干し方

これはホストファミリーになる際に教えてもらったことだが、彼らは洗濯物を外に干す習慣がないらしい。

そのため、天気が良いからといって洗濯物を外に干すのは、事前に彼らに了解を取って欲しいと教えられていた。

ポン吉家は彼らが来る前日に洗濯機をドラム式から縦型に買い替えたばかりだった。

しかも、乾燥機能はないタイプの洗濯機だった。

なので彼らには、洗濯物は外干しするけれど、他人から見られないところに干すことを伝えておいた。

・食事作法

箸の持ち方はすぐに慣れて、苦労しながらもなんとか使いこなしていた。

しかし、器を手に取ってテーブルから持ち上げるということには、なかなか手こずった。

特に丼物などの茶碗より大きな器を手に持って、食事するのは上手くできなかった。

蕎麦やラーメンを食べる時に、ズルズルと音をならせて食べることにはすぐに順応していたが、イタリアンレストランでパスタを食べる時もズルズルと音を鳴らせていた。

一般的に日本でも西洋料理ではお箸も使わないし、音をたてて食べることもないと教えてあげると、日本ではすべての食事でズルズルと音をたてて食べて良いと思っていたと言われた。

・香水

西洋人は日本人よりも体臭が強いので、消臭よりも香水で体臭をカバーするというのを聞いたことがあったので、ある程度は理解していたが、やはり日本人からすれば彼らの香水の香りはかなり強く感じた。

国が変わると生活習慣も大きく変わるので、驚かされることも多かった。

ポン吉家にホームステイしたアメリカ人の生活習慣は、アメリカというよりも住んでいる地域や家庭環境に大きく影響を受けていると思うので、他のアメリカ人の生活習慣とはまた違うものだと思う。

おそらくこれは見ず知らずの日本人のホームステイを受け入れても感じる生活習慣の違いだろう。

違いを受け入れるというのは、なかなか難しいが新鮮でもあるので、日々の生活に変化が乏しい専業主夫ポン吉にとっては良い刺激になって楽しかった。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ

初めての猫カフェ体験

ポン吉の家にホームステイしているアメリカ人が猫カフェに行きたいと言い出した。

日本のことを調べていて、猫カフェのことを知ったらしい。

ポン吉はテレビで様々なカフェを見かけたことがあった。

犬カフェ、猫カフェ、フクロウカフェ、爬虫類カフェ、などなどいろんなカフェがあるそうだ。

ポン吉は犬好きなので猫カフェよりも犬カフェが良いのだが、爬虫類カフェに行きたいと言われなかっただけでも助かった。

猫カフェ初体験

f:id:syuhuponkichi:20170814133500j:plain

ポン吉が行った猫カフェでは入口で店員のお姉さんがお店のシステムを教えてくれる。お姉さんの指示に従って最初に靴を脱いでスリッパに履き替える。

そして手を洗って、ロッカーのカギを受け取って手荷物をロッカーに入れる。

料金は後払いで、1人10分ごとに200円が課金される。

プラス350円で自販機の飲み物がフリードリンクとなる。

ポン吉が店に入った時は、女性客が多かった。それとおそらく客の半分は外国人観光客だったと思う。

店内の猫は人懐っこい猫が多くて、何もしなくても近寄ってきてくれる。

人間では存在しないと思うが、左目が青色で右目が黄色の猫が印象的だった。

猫を自分のまわりに集めたければ、おやつをあげればすぐに猫たちが寄ってくる。

ただし店内は飲食物の持ち込みは禁止なので、店員のお姉さんに猫におやつをあげたいと言えば準備してくれる。

料金は500円。

店員のお姉さんがエプロンとシートを用意してくれて、カップに入ったおやつと小さなスプーンを手渡してくれる。

のんびりとした癒しの時空間

f:id:syuhuponkichi:20170814133428j:plain

小さなスプーンでおやつをあげているのを眺めていると、猫ののんびり感に癒される。

犬だと、特にポン吉の家のラブラドールは食欲が旺盛なので、のんびり感ゼロでガッツクのですぐに完食しておかわりを求めてくるから慌ただしい。

猫は犬と違って吠えることもないので、店内は静かで、本を読んでいる人もちらほら見かけた。

ただし、店内の静かでのんびりとした雰囲気の中に身を置くとあっという間に時間が過ぎてしまう。

気がつくと、1時間くらいはすぐに経ってしまうので、最初に店内にいる時間を決めておかないと、10分200円で料金は課金されているので注意が必要だ。

ポン吉は1時間で店を出たが、その時にはすでに我が家にも猫がいてもいいかなあという気分になっていた。

一緒に行ったアメリカ人も久しぶりにのんびりできて喜んでいた。

やはりアメリカの田舎から来た彼らには、日本はどこに行っても人が多くて慌ただしく、喧噪な街のようだ。

まあそれがエキサイティングで面白いと感じているようでもある。

とにかくホームステイのアメリカ人がいなければ、ポン吉が猫カフェに行くこともなかったので、いい経験をさせてもらったと思う。

これも異文化交流のおかげだ。感謝したい。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ