専業主夫ポン吉、徒然なるままに

20年近く主夫をしてきたポン吉の備忘録のようなブログ。

リストラ候補でも大丈夫かも、働きアリの法則

先日、昔からの知り合いの退職パーティというものに出席した。

ポン吉が退職パーティの主人公である彼と初めて会った時、彼は営業部長だった。体も大きく、声もでかいし態度もでかかった。仕事に対しては即断即決するタイプだった。今だったらパワハラと思われるような言動もよくあった。

リストラ候補

バブル崩壊後、そんな彼の営業部にもリストラの波が押し寄せた。

彼の部の営業成績は決して悪くはなかったが、人員を一人減らさないといけなくなったようだった。

彼の決断は早かった。部内で一番働きが悪い人間をリストラ候補としてリストアップしていた。

彼は、「四六時中、働いているように見える働きアリでさえ、その集団の中の2割は働かない奴がいる。」と言って、それに比べて自分の営業部はたった一人だけが働かないのだから、優秀だというようなことを話していた。

f:id:syuhuponkichi:20180423183134j:plain

ポン吉も働きアリの話は知っていた。働きアリの法則とか言って、全員が働いてるかのように見える働きアリでも2割は働かないでサボっているアリがいるらしい。

ただその法則の話には続きがあったのだが、ポン吉は彼も当然知っているだろうと思ってその時は何も言わなかった。

リストラ君は左遷

リストラ候補に選ばれていたリストラ君は数か月後に地方の営業所に転勤していた。リストラ君のことをポン吉は知らない仲ではなかったので正直ショックだった。リストラ君は理系学部の出身で人よりもパソコンと向き合ってる方が好きだった。

ただリストラといっても本社営業部から地方の営業所に配属になっただけで、クビになったのではなくてよかったと思っていた。

ポン吉もその後、サラリーマンを辞めて専業主夫になったのでリストラ君に会うことはなかったし、もう会うこともないだろうと思っていた。

あれから20年以上が経って、ポン吉の出席した退職パーティの主人公である営業部長だった彼は結局、取締役にまで出世していた。そして任期満了により退職することになった。

そのパーティでは参加者が彼の今までの仕事に対する労いの言葉などをスピーチしていた。

そしてその中に見覚えのある人がいた。リストラ君だった。どうして左遷されたリストラ君がここにいるのか、ポン吉はなんだか嫌な予感がした。

チャンス到来

リストラ君がスピーチする前に司会進行役の女性がリストラ君を紹介した。

その言葉を聞いてポン吉の嫌な予感は吹き飛んだ。

リストラ君は退職する彼の後任の取締役というふうに紹介されたからだ。

リストラ君が取締役に? すぐにはどういうことかよくわからなかったが、いろいろと話を聞いていると、どうやらリストラ君はバブル崩壊にともなって営業成績を落としてしまい、地方勤務となった。

ここまではポン吉も知っていた。

しかしその後やってきた時代の流れというか世の中のIT化の波に、理系出身のリストラ君はうまく乗れたようだった。

しかし、ポン吉はそれだけではない気がした。

20年以上前に今日退職する、当時営業部長だった彼がポン吉に話した働きアリの法則、あの話の続きを思い出した。

どんなに働いてるように見える働きアリの集団も必ず2割は働かない奴がいる。

しかし、その働かないアリだけを集めて一つのグループにすると、今まで働かなかったアリのうち2割は良く働くようになるというのだ。

リストラ君は左遷された職場で、その2割になった。ということはもし左遷されずにそのまま営業部に残っていたら、リストラ君にチャンスが到来したかどうかはわからないかもしれない。

そう考えると、うまくいってる組織でも定期的に人事異動を行ってるのはちゃんと理由があるということだろうか、なんて思ったりした。

それとどういう巡り合わせかわからないが、リストラ君を左遷させた営業部長だった彼が、今度はリストラ君に「おつかれさま」と言われて会社を去ることになったというのは因果応報という気もした。もしかするとリストラ君の気持ちは臥薪嘗胆だったのかな。だとすると、この人事異動自体がリストラ君の仕組んだものだったかもしれないと思えなくもない。

伊藤園 お~いお茶 新俳句大賞を受賞

ポン吉の娘の学校では冬休みの宿題に俳句を詠むことを課題として出されていた。

冬休みの宿題だから季語は冬なのかと思いきや、そういう縛りはなく、テーマも自由だった。

f:id:syuhuponkichi:20180326183643j:plain

優秀作品には賞金が出ると娘が言うので、随分と気前の良い先生がいるんだなあと思っていた。

1番になれば何十万円か貰えるよ、と言うのでいったいどういうことかとよくよく聞くと、宿題として生徒が提出した俳句を学校が取りまとめて、伊藤園のお~いお茶 新俳句大賞に応募するということだった。

奇跡的に受賞

娘の俳句はどういう訳か奇跡的に受賞したようだった。もちろん大賞とか大臣賞とか、そんな大それた賞ではない。

それでもお~いお茶のパッケージに自分の作品と名前が掲載されることになるようだった。

それを知らされたのは夏休み前で、ポン吉は自分の娘の作品が載ってないか確かめるために、飲み物を買う時は常にお~いお茶しか買わなかった。しかし、どこのコンビニでも娘の俳句が掲載されているお~いお茶は見当たらなかった。

しかし、しばらくすると伊藤園から1ケース20本入りのお~いお茶が送られてきた。

中に入っていた全てのボトルのパッケージには娘の俳句と名前が掲載されていた。

いつも飲んでるお~いお茶と今目の前にあるお~いお茶は他人にとてっは、どちらも同じに見えるだろうが、ポン吉にとっては全く違う特別なものだった。

娘の名前が掲載されたボトルを持った時は、まるで受賞記念のトロフィーを手にした気分だった。

20本しかなかったので、大切に飲まなくてはと思っていると、同封されていた説明書を見ると、どうやら追加で同じボトルを何ケースか注文できるようだった。

早速、ポン吉と奥さんの実家にそれぞれ1ケースずつ送ってもらうように注文した。

ちなみに最初に伊藤園から送られてきた1ケースは無料だったが、それ以外は有料だった。

プロモーションとしては成功

ポン吉は2ケースを追加注文しただけだけど、おそらくもっと注文する人は結構いると思う。

ポン吉が調べたところ、伊藤園の新俳句大賞で俳句がボトルに掲載される入賞者は2000名いるようだ。

だとすると、2000名全員が自分の俳句と名前が掲載されたお~いお茶を受賞記念に100本追加購入するとしたら、20万本の売上になるということだ。

おまけに、記念品として購入しなくても偶然立ち寄ったコンビニで自分の作品が掲載されたお~いお茶を購入することがあるかもしれないから、ついついお~いお茶を手にしてしまう。

ポン吉も友人とサッカーを観戦しに行った時に購入したお~いお茶に偶然自分の娘の名前があったのでついつい自慢気に友人にそのボトルを見せたのを覚えている。

それに受賞発表は初夏なので、ちょっと喉が渇いたという時には、必ずお~いお茶を購入するようになっていた。もっともポン吉が自分の娘の名前が掲載されたボトルをコンビニで手に入れることができたのは1度だけだったけれども。

それでもお~いお茶に名前が掲載された2000名の受賞者本人とその家族はいつもよりも意識的に高頻度でお~いお茶を購入するだろう。

それだけでも、伊藤園 お~いお茶 新俳句大賞はプロモーションとしては成功していると思うし、だからこそ30年近くも続いているのだろう。

次回はポン吉も挑戦してみようと思う。こう思った段階ですでにポン吉は伊藤園の思うつぼかもしれない。